モダンスイマーズ

劇団モダンスイマーズのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

折り返しました

東京・吉祥寺シアターの公演はいよいよ残すところ
あと5ステージとなりました!
もうご観劇頂けましたでしょうか?
動画でもキャストがシャッフルされていることを
蓬莱が話しておりますが、初演とどうシャッフルされて
いるかご紹介しますね。
当日のお楽しみにされたい方は、ここでこの記事は
読むのをやめてくださいね。


IMG_2415.jpg

姫島(体が大きく少年たちのリーダー?)  →古山(初演:津村)
瀬戸(東京からやってきた転校生)     →津村(初演:古山)
くさお(チビで弱虫、学校ではしゃべれない)→小椋(初演:西條)
山上(家が貧乏ですぐおごってと言う)   →西條(初演:小椋)

役をシャッフルしただけでなく、それにあわせて少しだけシーンも変わっています。
初演の配役もそれぞれにはまり役でしたが、今回の配役もかなり
面白いですよ。初演を観た方はまた違う楽しみ方もできると思います。
もちろん、これを初めて観るという方も楽しめます!

書いている私はどちらが好きか・・・
う~ん、どちらも好きとしかいいようがない・・・

初演から5年経って、劇団員もこの5年の内にいろんなことが起きました。
それだけ大人に(おじさんに)なりました。
5年前でさえ、子どもを演じるむずかしさに頭を悩ませたみんなが
今回、役を変えて挑戦しています。
まったく新しい作品になっているような気がします。

笑いあり涙ありのこの作品を一人でも多くの人に観ていただき、
今度は彼らが40代、50代になった時にやってほしいねと言って頂けると幸いです。
おじいちゃんになって、ランドセルを背負って出てきたらそれだけで
笑えそうな気もしますね。

ヒロインの深沢さんもかわいい女子小学生を演じてくださっています。
アンケートには最後まで女優さんだと思っていました、なんてコメントも。

ぜひご来場ください。
お待ちしております。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。