モダンスイマーズ

劇団モダンスイマーズのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本日、1回目のゲネプロ

そこは誰も知らない、お父さんもお母さんも、
学校の先生も、誰も知らない、僕たちだけの秘密基地。

いつもと同じなはずだった。
いつもと変わらない放課後のはずだった。

東京からやってきた転校生。
それに同じクラスの女の子。
二人がやってきた。

外は雨が降っている。
雷が鳴り響く-


本日は1回目のゲネプロでした。
あの懐かしい、ヤツらの秘密基地。
大きな窓と階段、そして壊れた自動販売機。
今にもお化けが出そうな廃墟。

初演をご覧になった方や、再演をご覧になった方には
すぐにでも想像して頂けるかと思いますが、あの廃墟が
復活しました。そして今回の上演を終えると同時に
このセットも役目を終えるのであろうと思われます。

物語は、少年たちのいつもの、ある日の放課後。
いつもとちょっと違うのは東京から来た転校生と
同じクラスの女の子がやってきたこと。

いつもとちょっと違っただけなのに、その後の人生を
左右するような事件が起きてしまう。

自分の子どもの頃を思い出してみると、あの行為は
今考えるとかなり危険な行為だったよな、、、なんて
ことありませんか?

台風の次の日の、氾濫した川を幼馴染数人と一緒に横断、
なんてことがありました。
とても怖くて、本当はそんなことしたくないのに、
仲間外れになるのが怖くて、必死で横断したのを
今でも覚えています。
川で流される恐怖より、嫌だと言って仲間外れにされる
恐怖の方が上回るなんて、今考えると馬鹿だなぁと思います。
すぐ横に橋があるのに。
でも子どもの頃って、そんなことばっかりだったような・・・

昨日のテレビの話についていけないと仲間外れにされちゃうとか。
あの子と仲良くならないと仲間外れにされちゃうとか。
その逆もありました。
モテる男子と幼馴染で●●くんって名前で呼ぶと他の女子から
仲間外れにされちゃうとか。
なんてくだらないことだろうと思えることも、当の本人に
とっては、この世界が終っちゃうくらい大事なことだったり
するんですよね。
でもよくよく考えると大人の世界もそんなに変わらないんですけどね。

話がそれてしまいました(スミマセン)。

今回の「楽園」。
ヒロインに深沢敦さんを迎え、どんな風にバージョンアップする
のだろうかとドキドキしておりましたが、かなり面白い作品に
なっております。あんまり詳しく話すとネタバレになって、皆さんの
当日のお楽しみが減ってしまうので、どう報告すればいいのだろうかと
悩みに悩んで、「面白い作品になっております」とありきたりなことをいう私。
う~ん・・・どうしたらこの良さが皆さんに伝わるだろう。
誉めすぎると嘘っぽくなりそうだし、でも本当に私にとって、№1なんですよね。
そりゃあ、モダンスイマーズだもの。蓬莱竜太の作品だもの。
なんて言うとこの思い上がりめ!と御叱りを受けそうですが・・・
もちろん、これまでのモダンスイマーズの全作品、どれも自信をもって
お届けしておりますが、この「楽園」がナゼ№1か言いますと(あくまで
私にとって、ですが)、物語性・エンターテイメント性が非常にバランスよく、
キャラクターの設定がどれも「あるある」と共感できて感情移入がしやすい点が、
あまり演劇を観慣れない方にも楽しんで頂けるのではないかと思える点でしょうか。
笑いもあるけど、泣ける。
人間にとって、笑うことと泣くことってとても気持ちのいいものだと思います。
内にあるものを外に出すという行為ほど心地いいものはありません。
それをこの作品は、本当に良い加減でもって引き出してくれるのです。

仰々しい演出やわかりづらい演出でせっかくの物語が台無しになっている
舞台を観ることもしばしばありますが、蓬莱さんの演出は本当に無駄がない!
この「楽園」は特にそう思えるのです。
いろんなものが本当にバランスがいいと思います。

蓬莱さんの演出だけではありません。
舞台美術、照明、音響、どれも素晴らしいです!
そして役者も最高です!!
今回、配役がどうなっているかはこの稽古場ブログでなんとなく予想が
ついている方もいらっしゃるかと思いますが、劇団員の新たな一面も
垣間見れるかもしれません。
久々にモダンスイマーズが全員揃いました。
そして大先輩の深沢さんが、かわいい(?)女子小学生を演じてくれています。
深沢さんはいっつもモダンスイマーズを観に来て下さっていたので
受付で毎回お迎えしていた身としては、今回、ご出演頂いて本当にうれしいです!

なんだかゲネプロの報告というより、私の作品に対する感想というか思いというか、、、
ですが、1回目のゲネプロにも関わらず、既に完成しておりました!(モチロンですが)
舞台はナマモノですから、稽古場→ゲネプロ→初日→中日→千秋楽と時間を
かけて完成形に至りますが、今回は既に完成している。。。ということは
ここからは熟成ということになりますね。
どんどん深みを増していくに違いありません!
そして一番のスパイスはお客様です!!
お客様が入った劇場の空気感で作品はまたガラリと変わります。
明日は、2回目のゲネプロに、待ちに待った初日です。
是非皆様、劇場に足をお運びください。そして作品に絶妙なスパイスを
加えて下さい。

お待ちしております!!

※写真は明日にでも掲載させて頂きます。お楽しみに♪
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。